睡眠を整えて便秘解消

女性に多い便秘。便秘の原因には食事や生活リズムの乱れと言われていることをご存知ですか。体質などとも言われますが、この体質は生活リズムに関係してきます。生まれたての時から便秘ということは病気でない限りありません。
その後、学生や社会人で我慢することが重なり便秘癖になってしまいます。排便習慣というのは、日々の生活リズムが大きく関係してきます。またこの生活リズムですが、睡眠がポイントとなります。1日の中で多く費やしているのが
睡眠時間です。睡眠時間が短かかったり、不規則な生活を送っていると、朝の時間をしっかり取ることができません。便秘を解消するには、朝食をしっかり食べることや、体内の代謝をよくすることが必要です。それを行うには、起床後にある程度の時間が必要です。その時間をしっかり確保できないと、起きてすぐに通学や通勤、その他動き出すとなると、排便するまでの過程を確保できません。またどこかのタイミングで排便が起きても我慢することをしてしまうため、何度も排便のタイミングを逃すと、体内に溜める習慣がついてしまい、溜める癖が付いてしまいます。そうすると中々、排便して欲しい時にでずに老廃物が溜まりに溜まって太ってしまったり、体重が落ちづらくなったり、ひどい場合には腹痛をもたらすことも考えられます。自分の体に必要な睡眠時間は毎日確保して、できるだけ朝型の生活をすることが良いです。起床は少し早目にしてしっかり朝ご飯を食べる、できるならストレッチをして代謝を上げると排便につながり朝から活動的になることができます。そしてそのような規則正しい生活を習慣化し、続けることで朝には排便をするという機能が自然と身に付きます。